Firefox (13) に最新の Flash (11.3 ) を入れると・・・Flash ムービーや動画サイトを見れない #Firefox #Flash

Firefox 13に最新のFlash 11.3 を入れると・・・Flash ムービーや動画サイトを見れない

皆さんもやっちゃいました?

回避方法、あります。
ちと、めんどくさい。

Flash 11.3 がクラッシュ、または Firefox 13 で読み込まれない

上記にて、解説があります。

旧バージョンのFlash Player 10.3を、ダウングレードしてWindowsコントロールパネルからバージョン11.3を削除したあとに10.3を再インストールすることで、当面これらの問題を回避できる。

Archived Flash Player versions

と言うことで、こっちを選択しようかなと。。。

文字入力に関しても情報があり、

http://mozilla.jp/blog/entry/9509/

ここいら辺りで見つけることが出来ます。

時間があったら、回避方法を説明しようと思いますが、取りあえず今日はこんな感じで・・・。

#続報・・・

Flash10.3まで落とさなくても、
fp_11.2.202.233_archive で解決しましたので、お知らせします。

Archived Flash Player versionsからfp_11.2.202.233_archiveをDL。
ブラウザ関係全部落としてから、コンパネよりFlash関係全部アンインストール。
先程DLしたfp_11.2.202.233_archiveを解凍後、自分にあった物をインストール。
(WIN7環境ならビット数だけ気にしてればOKかと)
(私は7・64環境で、flashplayer11_2r202_233_win_64bit.exeにて成功)

恐らく、記事等の10.3にした方がうっかり更新しなくてすむ的なことだと解釈します。
※但し、メジャー・ファイナルバージョンなので10.3の方が、安心かもしれません。
ですので、インストール後の3択は、真ん中のお知らせのみにしておいたほうが得策かと思いますよ。

#続報2・・・2012-6-26

マイナビニュースより・・・
http://news.mynavi.jp/news/2012/06/25/011/

Adobe Systemsは21日(米国時間)、Flash20+ 件 Player 11.3に起きていた問題を修正した「Flash Player 11.3.300.262」を公開した。Flash20+ 件 Player 11.3は、Adobe Systemsが6月8日(米国時間)に公開したFlash Playerの最新バージョン。このバージョンではWindows Vista/7環境のFirefoxでFlash Player 11.3を使用すると、Firefoxが強制終了したり、Flashのコンテンツや動画が表示されないといった不具合が発生していた。

この不具合はFlash Player 11.3で新たに導入された「Protected Mode」(保護モード)というセキュリティ機能と拡張機能(主にReal Playerプラグイン)に問題があったために起きた現象だと考えられており、Adobe Systems側はFlash Playerのダウングレード方法トラブルシューティングを公開し、Mozilla側ではユーザからの不具合報告をもとにFlash問題を修正したFirefox 13.0.1を15日(米国時間)に公開していた。

しかしながら、Firefox20+ 件 13.0.1にアップデート後も一部のユーザで引き続き不具合が報告されており、Adobe Systemsはこの問題に対処するために修正版をリリースしている。リリースノートによるとFirefoxの問題は解決されているとしているが、Flashコンテンツをストリーミングした際に音声のゆがみが発生するという既知の問題があるとしている。

以上。